fc2ブログ

綺麗な星空は素敵だなと思いながらも、日常の中で見上げることは
ほとんどなくなってしまったような気がします。

街中で見上げてもそれほど綺麗ではないからなのでしょうかね。

思い出すと、小学校の修学旅行で三重県のキャンプ地に行った際に
満点の星空が広がっていたのか今でもかすかに記憶に残っています。

やはり街中とは違って空気が澄んでいるのだろうな、と子供ながらに
実感して、あまりの綺麗さに感動していたと思います。

あれが自分の中で一番綺麗な星空だったのかもしれないです。
でも他にも綺麗な星空を見ることができる場所はあるのでしょうね。

最近気になったのは、岡山県の井原市にある「美星町(びせいちょう)」です。

日本三選星名所の一つらしく、とても星が綺麗に見える町だそうです。
町名からして、それにふさわしい場所という感じです。

街灯や看板などの灯りが邪魔をしないように、制限をするなどして
町をあげて星が綺麗に見ることができるような工夫や努力もされて
いるようです。

美星町のようなところで、綺麗な星空を見ると童心に返るというか、
日常から解き放たれ、心が洗われるでしょうね。

ムーミンの国・フィンランドではオーロラを見ることができますが、
日本でもそれに勝るとも劣らない星空を見ることができそうです。

これから寒い冬になりますけど、冬のほうが空気が澄んでいるので
星空鑑賞には意外にこれからの季節も良いかもしれませんね。


article_art001224_15-1.jpg

井原市美星天文台


人は社会の中で競争して、あるいは競争させられて、勝敗が
決まるという場面に度々遭遇します。

誰も負けたくはないですよね。

負けないためにはライバルに打ち勝つための努力・根性・忍耐が
必要なのでしょうか。

う~ん、なんだかしんどいなあ・・・(>_<)
もっと楽な方法があれば良いな、なんて思ってしまいます。(^^)

はい、あります!
それは・・・

「そもそも敵に出くわさないこと」です。

たとえば草食動物が生き延びるためにわざわざ肉食動物の
群れに突っ込んでいって、勝負してください、というのは
愚かな行為ですからね。

むしろ、敵に出くわさないように生きることが大事です。
わざわざ競争や勝負すること前提にしなくても良いということですね。

何か「戦わなきゃ」「打ち勝たなきゃ」という思いに駆られて、
追い詰められた気分になっている人がいれば、発送を転換して
競争や勝負をしない生き方を考えるのもありだと思います。

そのために知恵を使う。
それが負けない方法なのです。