fc2ブログ


私は特にお笑いが好きでもないですけど、なぜか今年は
何気にM-1グランプリを最初から最後まで全部見ました。

決勝で3組が漫才をし終わったとき、マジカルラブリーが
優勝しそうだ、と思ったらやはりそうでした。
漫才の内容より会場の雰囲気を見てそう感じました。

正直、3組とも決勝までの1回目の漫才のほうがおもしろくて
2回目はあまり笑えない感じでした。
特においでやすこがは1回目と2回目の差が大きい印象でした。

優勝したマジカルラブリーですけど、これが漫才か?みたいな
意見も多く、賛否分かれていますね。

確かに漫才ではなくコントと言われるとそうかもしれません。

ただ、私はそこではなく、気になった点がありました。
それは・・・

審査員との距離感です。

マジカルラブリーは決勝での漫才を始める直前に、審査員の
上沼恵美子さんたちに向かって、「今年はどうしても見て
もらいたい人がいます。」みたいな発言をしました。

というのは、マジカルラブリーは3年前に審査員の上沼恵美子さんに
同番組の中で、「そんなものは漫才じゃない!」と説教を受けて
落選したという経緯があったので、今回、リベンジするという
ことだったようです。

結果的にその発言によって審査員たちをはじめ、会場は
笑いに包まれました。
実際、多くの人はあの上沼恵美子さんの前で再び漫才する
マジカルラブリーは、どんな顔して漫才するのだろう、とか
必死な顔がおもしろい、と自然と興味が増し、笑えてしまう
ところがあったのではないでしょうか。
それによって、漫才の内容を披露する前に笑いの空気が
出来上がり、優勝の流れを呼び込んだ気がします。

でも・・・

それって良いのかな?と疑問に思いました。

よく考えると、漫才をする前に、個人的に特別な感情を審査員や
会場に湧かせるというのは良いのか、これは反則では?と思う
ところもあります。

たとえばフィギュアスケートで、演技する前に審査員の一人に
向かって、今年はあなたのために努力してきました、みたいに
発言してから演技する、という感じですよね。

どうなんでしょう?

同じような印象を持った人いるでしょうか。

もしかして私だけですかね。(笑)
厳しい意見かもしれないけど、出場者は本気なので、本気の
意見を書いてみました。

それにしても、M-1グランプリはもともと島田紳助さんが
企画して立ち上げたお笑いコンテスト番組なんですよね。
こうしてずっと続く企画を作り上げるのはすごいなあと思います。

あと、余談ですが、島田紳助さんと同期の明石家さんまさんは
この番組で審査員は引き受けないのですよね。
確か明石家さんまさんは、芸人を並べて優劣つけて評価すると
いうのを個人的にやりたくない、という考えをお持ちだったと
思います。
その考えも素晴らしいですね。
一方で、若いお笑い芸人に活躍の場を与えようとしてこういう
場を作った島田紳助さんも素晴らしいですね。

島田紳助さんと明石家さんまさんというお笑いの巨匠二人の
考えの違いが、M-1グランプリのそういった面で表れるというも
何気におもしろいと思いました。

世の中、不思議だなと思うことはたくさんあります。

その中で今日、ふと思った不思議なこと。
それは・・・

ご近所さんににこやかに「こんにちは」と挨拶し合っている人々。
周辺国に向けたミサイルを配備して互いに威嚇し合っている国々。

この違い、不思議です。
一体何なのでしょうね。