fc2ブログ


ついにそんな時代がきたか、という感じです。

12歳で塾を経営している女の子がいるようです。
小学6年生の浜口祐衣さんという女の子です。

開業届けも提出して起業しているというからすごい!

私が12歳の時には「起業」の「き」の字も知らないというか
まったく意味さえも分からなかっただろうなと思います。

でも今は子供でもスマホ持ってネットで情報を得たり
発信したり、交流したりも普通にできるので、昔の子供とは
まったく状況も違うのでしょうかね。
下手すると大人とオンラインゲームなどを通じてネットで
会話したりする子もいそうです。

ただ、学校ではたぶん今も基本的に、使う側より使われる側と
して社会に役立つための教育が中心だと思います。
組織の中でいかに集団に合わせ、先生の言うことを忠実に
こなせるかどうかが最重要という感じですね。
つまり従業員としてのスペシャリスト育成です。

なので、起業するということは、その枠から抜け出して
従業員ではなく、自分がトップになって考えて稼いでいく
という、学校で学ぶこととはまったく逆のことになります。

小学生で起業した浜口祐衣さんは、学校の教育方針とは
異なる道に早くも歩み出したということですね。
ちなみに、たぶん、そのように導いたのは、子供の頃から
自分で稼ぐという金銭感覚を養ってほしい、という考えを
持つお父さんのようです。

なかなか家庭で斬新な良い教育をされていますね。
お父さんも起業家なのでしょうかね。

たぶん、コロナ禍が続く中で、こういう起業する小学生が
増えてくるのではないでしょうか。
進学してもコロナ感染で授業ができない、ということだと
自然にその流れが加速すると思います。
これも時代の変化に順応していく姿の一つなのでしょうか。

あけましておめでとうございます。

昨年はコロナ一色の年でしたが、今年はコロナが収束することを願っています。
個人的には何かを形にする年にできれば良いなと思っています。

ところで大晦日は紅白歌合戦を途中から見ていました。
その中で心に響いたり、情熱を感じたアーディストの曲がいくつかありました。

まず、NiziUのMake you happy。
正直、KPOPなのかJPOPなのかも分かっていないけど、
昨年はチラッと聞いて耳に残っていました。
紅白で初めて全部聞きました。
どのジャンルにも属さないような独特な世界観を感じる曲調だけど、
また聞いてみたいなと思えるような不思議な魅力がありました。
こういう独特な世界観の曲を生み出せるのはすごいなと思います。

◇Make you happy



あと、GReeeeNの星影のエール。
一応、以前から名前と曲のサビの部分だけはなんとなく覚えていました。
紅白では2曲をを歌っていたように思います。
顔出ししていないグループらしいですけど、紅白で顔出ししていたような。
歌っている雰囲気からすごい情熱が伝わってきました。
正直、これまではそこまで気にもしなかったですけど、結構良い曲だなと
初めて思いました。
ちなみに、GReeeeNは東北の出身なのですね。

◇星影のエール



あと、LiSAさんの炎。
鬼滅の刃の曲ですね。
と言いつつ、私は今のところ鬼滅の刃のアニメも漫画も見ていないです。
あまり流行り過ぎているものはなぜか見たいと思えない習性があります。
でも、この曲とアニメの画像が同時に流れると、やはり引き込まれずには
いられなかった感じです。
良い曲でした。
ちなみに、鬼滅の刃のアニメ画を見ていて思ったのは、背景が綺麗です。
古き良き日本の風景が満載という感じで、見ていて癒されます。

◇炎



最後に1つ。
BABYMETALのイジメ、ダメ、ゼッタイ。
これは違う意味で驚かされました。
このアーティストも曲も初めて知りました。
イジメ、イジメ~と聞こえてきていじめ撲滅の曲なのかな?と思って
何気なく聴いていたら、一瞬「キツネ」と聞こえました。
聞き間違いなのかな。
いや、絶対「キツネ」って言っていたはず。
そのひとことで一気に引き込まれました。(笑)

◇イジメ、ダメ、ゼッタイ