fc2ブログ

将棋の藤井聡太さんは高校を今年1月に自主退学していたようです。
将棋に専念したいから、という理由のようです。

今、高校3年生であと2か月ほどで卒業というタイミングでした。
昔の私だと「もったいないなあ」と思ってしまうところですが・・・
今の私はそれで良かったと思います。
というか、彼の場合、高校に進学しなくても良かったのでは
ないかなと以前から言っていました。

というのは、彼は中学生の時、既に年上のプロの棋士と
対等に戦って、最年少で実績を残し、有名になっていました。
正直、もし仮にその後、負け続けて一線から退いたとしても
将棋教室でも開けば、それで一生暮らしていけるだろうなと
思ったからです。

もちろん、そのまま実績を積めば、第二の羽生善治さんの
ような存在になれると思います。
しかし、そこまで望まず、普通のレベルの人生を望むなら
中学3年の時点で、既にその権利を得たも同然の状態で
あったと思います。

なので、わざわざ高校に進学しなくても良いと思ったわけです。

ただ、学生生活というものを経験することが大事なので
高校には進学して卒業しておいたほうが良いと考える人の
ほうが多いのでしょうかね。

その考えもアリだとは思いますが、彼は下手するといじめの
対象になったりして、せっかくの突出した才能が学生生活の
中でへし折られてしまったら元も子もないと思います。

もはや彼は中学生にして普通の学生とは違う人生だったので、
妬みの対象にもなりやすい状況だったことも察せられます。

あと、昨年からのコロナの影響もあります。
学校に通っていて集団感染で休校になってまた再開して
また休校になって、ということを繰り返すとすれば、そこは
増々、彼にとっては意味のない場になると思われます。

そんなことで、高校卒業まであとわずかのタイミングで
自主退学した彼の決断は、私は間違っていないし、むしろ
そのほうが望ましいと思うわけです。

これから、そんな生徒も増えてくるのかもしれませんね。

ただ、彼のようにちゃんと自分の才能に気づいて、将来それで
暮らしていけるのかどうか、見極めた上で考えないといけない
ですけどね。

日本の犬と言えば・・・

私は柴犬、秋田犬、土佐犬あたりが思い浮かびます。
たぶん、それほど種類は多くないでしょうかね。

柴犬はちょこまかとしていますね。
秋田犬は落ち着いている印象です。
土佐犬は怖いです。(笑)

同じ日本犬でもそれぞれ雰囲気も性格も違っていろいろです。
もっと言えば、同じ秋田犬でも性格には違いがあります。

それぞれ生まれ持った性格です。
良いところも悪いところもあります。
それこそが個性です。

人間も同じですね。