fc2ブログ


9月になりましたね。
学生さんは長い夏休みが終わったということでもありますね。

夏休み明けが9月2日、月曜日とはちょっとタイミングが悪いですね。
せめて水曜日以降だと土日が近いですけどね。

まあとりあえず、やる気なしで適当に乗り切りましょう。(笑)

今回、少し希望の出ることを書きたいと思います。
まず、小卒でも中卒でも人生心配なし、大丈夫ということを伝えておきます。

そんなことを言っても、実際には小卒や中卒なんて世間のイメージが良くなくて
社会に出て受け入れられないんじゃないか?と疑問に思う人もいるでしょうかね。
そもそも中卒ならまだしも、小卒とかあり得ない!みたいな。

実は私もそう思うところもありました。
でもよく考えてみると、そんなことはまったくないと気持ちが切り替わりました。

というのは、たとえば、料理人。

どこかのお店で修業して、料理人になる。
あるいは独学で料理を学んで、料理人になる。

そんなふうに料理人になって店を構えたとします。
もしその店に訪れて、その料理人がどこの高校や大学を卒業したのか、
ということを気にするでしょうか。
もし何かの理由で、小卒や中卒だったことが分かったとして、その料理人の
イメージは悪くなるでしょうか。
ならないですよね。
むしろ、中学から料理を修行していたなんて聞けば、若くして料理の世界で
腕を磨いてきたんだ、というプラスのイメージを持たれますよね。
その料理人に期待するのは美味しい料理であり学歴ではありませんからね。

逆に、もしその料理人が東大や京大卒だったとしたら、なんで?って
違和感を持ってしまうのではないでしょうか。
何かよほどの事情があって料理人をしているのかなと勘ぐってしまうかも
しれませんね。

そう考えると、必ずしも高学歴だから、社会的イメージが高くなるとか
社会で成功するとは限らないというのはなんとなく分かるかと思います。

小卒や中卒の料理人でたとえましたが、芸術家、イラストレーター、
アニメーター、デザイナー、プログラマーなどの職人的な分野の仕事でも
同じように高学歴であることではなく、経験や実績が求められます。

また、店主や社長の仕事も学歴より経験や実績を求められると思います。
ちなみに、ここで言う店主や社長というのは、自分で立ち上げたお店の
店主や会社の社長という意味です。
たとえば、花屋さんの店主はとにかく花が好きで好きで仕方ないという
感じの人だと、それだけでも素敵なお店だと思えることもありますね。

つまり、もし学校とは違う人生を歩む場合は、職人、店主、社長の
立場の仕事を目指せばよいということですね。

皆と同じように会社員や公務員、アルバイトなどを目指すと、どうしても
履歴書の提出を求められ、小卒や中卒ではイメージが悪いと判断されて
落とされてしまいます。

しかし、職人、店主、社長といった仕事を目指せば、ほとんど経験や
実績だけで評価されるので、小卒や中卒だからといってイメージが
悪く持たれる心配はありません。

なので学校という枠から外れることなど何も怖くないということです。
学校しか生きる道がない、というのは思い込みに過ぎません。

そういえば、小学校を中退した場合、幼卒?となるのかな。
いずれにしても学校に通えなくなったらといって人生終わりなんて
あり得ないです。
皆と同じ学校に通えなくなって、幼卒、小卒、中卒になったとしても
まったく大丈夫なんです。

少しでも未来への希望につながれば嬉しいです。

男性の育児休暇

夏休み明けは危険

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿